ファッション雑誌で度々出てくる言葉”アパレル”って?

アパレルとは服飾、または衣服を意味する言葉です。
そのため、アパレルメーカーならば衣服の製作を行う業者のことを指します。

一纏めにアパレルといっても実際はアイテムごとにきちんと区別されています。
その内訳は以下の通りなので頭に入れておいても良いでしょう。

・重衣類

コート類など重たさをその質量、見映えなどから感じるアウター
スーツ、ドレスなどの礼服もここの分類に入ります。

・中衣類

重、軽衣類間の大きさや重さのあるアウター。
ジャケット類などがこれにあたります。

・軽衣類
Tシャツなどのトップス、そしてセーターが軽衣類に入ります。
ちなみにパンツなどの下着類、スカートなどのボトムスもこちらです。
軽装のアイテム群と覚えておけば頭に入れやすいかもしれませんね。

また、この3つの区分に加えて雑貨という分類もあります。
そこでは、靴下、手袋、バッグ、アクセサリーなどが含まれています。
ですので、アパレルアイテムと言っても基本的には衣類だけでなくバッグ類も含まれるのです。

意外にアパレルというと衣類のみを連想してしまう方がいますが
これは間違いなので忘れずに注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です