ファッション雑誌などで度々でてくる言葉”フェイク・レイヤード”とは?

レイヤードは重ね着を意味するのに対してフェイク・レイヤードは
“重ね着をしているように見せかける”作りをしたアイテムの事を指します。
シャツなどの裏に模様や色、材質の違うものが縫い合わせてあり、それが露出することであたかも
重ね着しているように見えるのがポイントです。

そのため、フェイク・レイヤードを用いると通常のレイヤードスタイルよりも厚めの服装になりにくい利点があります。
また、前述した縫い合わせの仕組みがあるので、多段な色合いや見映えが、そのアイテム1つで構築されているのも特筆すべき
ポイントです。
トップスにフェイク・レイヤードを選ぶだけである程度の見映えの良さが約束されているのが
この性質をもったアイテムが好まれる理由の1つと言えるかもしれませんね。
フェイク・レイヤードならばファション知識があまり無い人でも一定の着こなしが行えるんです。

重ね着をして通常のレイヤードスタイルにするか、
フェイク・レイヤードアイテムを用いるか、それぞれ使い分けが出来るとよりお洒落の幅が広がります。
もちろん、ややこしいですがフェイク・レイヤードを使って通常のレイヤードスタイルを行うという事もできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です